トップページ 製品情報 ダウンロード 会社情報 お問い合わせ
トップページ > 製品情報 > システム概要


プリント課金システムはあらゆるWindowsアプリケーションの印刷において料金撤収を可能とするシステムです。印刷コストに合わせて用紙サイズ、カラー/モノクロ別の単価設定が行なえます。国内の主要なプリンタベンダーに対応し、コインやプリペイドカードといった複数の課金装置にも対応しています。


プリント課金システムはお客様の運用形態に合わせてスタンドアローンタイプ、サーバータイプなど複数のラインナップを用意しています。またカスタマイズにも柔軟に対応し、お客様の状況に即した最適なシステムを構築します。

道路局や水道局といった行政機関、図書館、学校などの教育施設、ネットカフェやホテルといったネットスポット、その他多くの施設で、適切な料金徴収をマンパワーをかけずに行うことができます。

▲ ページトップに戻る
サービスするデータを選びません
インターネットの検索結果でも、ワード文書でも、通常のプリントアウトを行なうことの出来るアプリケーションの印刷全てが課金の対象になります。

出力条件別に単価設定が出来ます
同じ用紙サイズでも、モノクロで印刷するかカラーで印刷するかにより印刷コストがかわります。プリント課金システムでは用紙サイズ、カラー/モノクロ別に単価設定が可能です。

集計管理も簡単に
プリント枚数や利用料金などを集計し保存することが出来ます。また集計データを管理者へメールで送信する事も可能です。

プリンターから出力されたことを確認してから料金を撤収します
プリンターに出力されたことを確認してから料金を撤収します。紙詰まり、トナー切れ等のトラブル発生で印刷されなかった時は、料金を撤収しません。

▲ ページトップに戻る
大判を含む主要なプリンターに対応
リコー、富士ゼロックス、NEC、エプソン、キャノン、京セラミタ、富士通、東芝テック、沖データ、コニカミノルタのレーザー、LEDプリンターに対応しています。またエプソン、HP、オセの大判プリンターもサポートしています。

様々な課金装置が使用可能
コンビニ等で課金コピーに使用されているコイン装置を始め、プリペイドカード、ICカードといった様々な課金装置に対応していますので、使用環境に合わせた課金装置が使用できます。

▲ ページトップに戻る